〇はじめに-結婚式の見積もりのコツ

結婚式で気になることといえば、金額のことですよね。

 

「だいたいどのくらい用意をしておけば、十分な結婚式が挙げられるだろう」

満足いくように式を挙げたいけど、金額のことは気になるのが、本音ですね。

 

式場に行くと、プランナーさんが見積もりを出してくれることがほとんどです。

でも、見積の見方には、すこしコツがいります。

 

実際のところ、見積もり通りに行くことは、ほとんどないでしょう。

 

今回は、そんな見積もりのことについて、お話をしたいと思います。

〇見積もりはあまりあてにならない

式場にいって、出してもらう見積もりには、いくつか種類があります。

だいたい2種類あり、最低金額で見積もりをだしたものと、最高金額で見積もりをだしたものです。

 

最低金額を見ると「こんなもんで、結婚式が挙げられるんだ」と思ってしまいがちです。

でも、内容をよく見ると、とても質素な結婚式で設定されています。

 

例えば、ウエディングドレス。

ドレスが15万円程で借りられるように設定がされていることもあります。

実際にレンタル屋での15万ほどのドレスは、数着しか用意されていなく、デザインも質感も安っぽいものです。

 

また、ゲストの方に出す食事も、最低ランクのものです。

だいたい8000円ほどのコース料理でしょうか。

ゲストの楽しみの1つは、食事でもありますよね。

飲み物も、選べる量が少ないなど、来ていただくためのおもてなしとしては、不十分なものに設定されています。

 

 

そこで、もう少しランクを上げて設定されたものが、最高見積もりです。

 

しかし、この最高見積もりというのも、全てのランクをトップクラスに設定して、出したものではありません。

 

プランナーさんが、式場に来たカップルの希望を聞いて、演出などを加えたものになっています。

つまり、自分たちの理想の結婚式をするのに、近いプランでの見積もりが見られるということです。

 

内容を見てみると、ゲスト用の食事の金額は、最低見積もりと同じだったりします。

 

実際に打ち合わせをしてみると、プラスされていくお金は、かなり多いです。

 

例えば、結婚式のアルバムでも、見積の段階だと、お色直し後の撮影が含まれていなかったりします。

ケーキも1段のもので、2段3段にすると、金額がかさんでいきます。

 

結婚式にかかる、トータルのお金を考えるときには、最高金額からプラス100万くらいでみるといいでしょう。

〇見積もりを出してもらう時に、要望を多く伝えよう

見積もりを出すときに、こちらからの要望が少ないと、結果的に金額のズレが多くなっていきます。

 

見積の段階から、自分たちの譲れないポイントを伝えておきましょう。

 

例えば、

 

〇ゲストの人の食事は1万円以上のものにして欲しい

〇ビデオ・アルバムは1番いいランクのもので見積もりを出して欲しい

 

などです。

 

ここはこだわりたいポイントを伝えるようにしましょう。

〇最低見積もりの活用方法!

こだわりたいポイントが決まったら、最高見積もりの中で、こだわらなくてもいい部分を探しましょう。

決まったら、その部分は、最低見積もりを参考にして、金額をおさえましょう!

最高見積もりと比べて「ここはこっちでもいいかも・・・」と思える設定があるはずです。

 

削れるところを削らなければ、結婚式では莫大なお金がかかってしまいます。

 

2つの見積もりを参考にして、自分なりの見積もり書を作ってみることが重要ですよ!

なので、見積書は必ずどちらもとっておくようにしてください。

 

バランスの良い見積書を作れるように心がけましょう。

〇まとめ-結婚式の料金について

見積書の内容を確認するポイントを、お話してきましたが、いかがだったでしょうか。

結婚式は、自分たちだけの自己満足のために行うものではありません。

 

2人のために来てくれる、ゲストのことも考えて、上手に金額設定ができるようにしていきましょう!