〇はじめに-結婚式場の大きさや、スタッフの質

結婚式場を選ぶときに、どんなことを基準にしますか?

もちろん、式場の雰囲気が自分の好みかどうか・・・というのは、とても大きなポイントですね。

式場は、本当にたくさんの数があります。

雑誌やドラマで使用されるような場所。

1日に何組も同時に式を挙げるような、大きな場所。

数組しか上げることができない、こじんまりとした式場など、場所のタイプもそれぞれです。

 

ドラマの撮影などで使われる場所は、比較的大きな場所が多いかもしれません。

 

テレビ映えするような、大きなチャペルや、大階段での結婚式。

とても憧れますね。

 

でも、結婚式場選びをするときに、もう1つ見て欲しいポイントがあります。

それが、スタッフの対応です。

 

では、どんなところを見ていけばいいのか、お話していきます。

〇大きな式場のデメリット

憧れの大きなチャペルでの結婚式。

もちろんダメではありませんが、気になることも多々あります。

 

例えば、1日に挙げる挙式の数です。

午前中に3組一気に挙げるような場所もあります。

 

そういった場所では、常にチャペルも込み入った状態です。

Aの組みの人が出て行ったら、すぐにBの組みの人がはいって式を行う。

どの組みも午前中に終えなければいけませんから、流れ作業のようになります。

 

花嫁として気になるのは、他の花嫁さんとバッタリ会う可能性もあるということです。

気にしない人もいますが、なんとなく、ほかの人には会いたくない人もいますよね。

 

そういった場所では、スタッフの人たちも、余裕がなく慌ただしく過ごします。

時間内に収めるには、てきぱきと動くしかないですから、対応が不十分になる場合も少なくはありません。

 

また、結婚式をあげるまでには、何回かミーティングを重ねます。

大きな式場では、プランナーさんが受け持つ人数も多いです。

 

最初で最後の結婚式。

1つ1つ丁寧に対応してもらいたくても、そうはいかない場合もあるかもしれません。

 

大きな式場には、流れ作業のようになる、デメリットが潜んでいます。

〇ちいさな式場も視野にいれよう

そこで、最近流行ってきているのが、ゲストハウス型の式場です。

ゲストハウスといっても、ちいさなお家ではありません。

 

作りが一軒家のようになっているもので、1階に披露宴会場、2階にチャペルがついているような式場です。

こじんまりとしていますが、100人ほどの人数が収容できるため、ある程度の規模の結婚式を挙げることができます。

 

大きな式場との違いとしては、1日2組しか式を行うことができないことです。

午前中に1組・午後に1組行いますから、ほかのカップルと会うこともありません。

 

最大の良さは、そこにいるスタッフ全員が、その時間は自分たちのためだけに動いてくれるということです。

 

ちいさな式場ですから、打ち合わせの時にあったスタッフの人が、会場にいてくれることもできます。

初めて会う人に、色々と任せるよりも、自分たちのことを知っている人が、式を手伝ってくれる方が安心ですね。

 

心地よく結婚式をするためには、ちいさな場所を選びことも、必要になってくるかもしれません。

〇まとめ-式場のサイズとスタッフ対応

式場選びでは、自分たちの納得できる場所を探すことが1番です。

大きな式場をおすすめしないわけではありません。

大きな場所では、そこにしかない魅力もありますし、自分たちの憧れた場所で、新しい門出を迎えることも、素敵なことです。

 

でも、意外に大切なのが、スタッフの人の対応だということを頭に入れておくと良いかもしれません。

 

式場の中で、1番付き合いが深くなるのがスタッフの人です。

当日を安心して迎えられるようにするには、全てがスタッフの人にかかっていることを忘れないでください。

 

自分たちの大事な1日を、任せられる場所なのかどうか・・・式場を選ぶときには、そんなことも考えられると、良いと思います!