〇はじめに-ドレス購入について

結婚式の準備の中で、花嫁さんが1番悩むのが、ドレス選びではないでしょうか。

ほとんどの人が、ドレスはレンタル屋さんに行って、選ぶことと思います。

 

一生に1度。女性にとっては憧れのウェディングドレス。

1回で決める人もいれば、何回もお店に足を運んで、決める人もいますね。

 

ドレス選びで迷うのは、デザインももちろん、価格です。

「レンタルだから安い」という考えは、ドレス屋さんでは通用しません。

 

レンタル屋さんは、購入では手が届かないような価格のものが、安価に着ることができると考える方がいいかと思います。

 

結婚式の費用は、ドレスをかりるので100万ほどかかる場合もあるんです。

ドレスに妥協はしたくないけれど、だれもができれば費用を安く抑えたいはずです。

 

そこで今回は、結婚式の費用を安く抑えるための、ドレスの選び方をお話したいと思います。

〇購入を視野に入れて考えよう

ドレスのレンタルは、購入では手に届かない価格のものを、安く借りられるという話をしました。

 

レンタル屋さんに並んでいるドレスは、インポート物が多く、イタリア製など、いかにも高価格なものが並んでいます。

 

使われている生地もあまりよくなく、有名なブランドのタグが付いていないものであれば、15万円ほど。

ほとんどの花嫁さんは、このクラスのドレスを選ぶことはないと思います。

 

いいな~とおもうものは、安くても、だいたい30万円からになります。

 

多くの花嫁さんは、お色直しも希望しますから、良いデザインのものを選んで、60万円くらいの費用がかかることになるんです。

 

でも、レンタルですから、気に入ったものが借りられる保証はありません。

どうしてもこれが着たいと思っても、同じ日に借りる人がいれば、諦めなければならないのです。

また、サイズが自分に合うものかどうかも保証がありません。

少し大きいものを、ごまかしてきなければいけない場合もあるでしょう。

 

そこで、オススメしたいのが、ドレスを購入する方法です。

 

購入で安いものは10万円ほどからあります。

自分の好きなデザインを選べて、サイズもピッタリなものが、レンタルよりも低価格で手に入れることができます。

もちろん購入するドレスにも、ランクがありますから、30万円ほどするものもあります。

 

1日しか着ることができないドレスを購入するなんて・・・と抵抗がある方も多いかと思いますが、ドレスの購入の方が安く済むメリットはたくさんあるんです!

〇ドレス購入のメリット

結婚式をするにあたって、前撮りをしたり、2次会を行うカップルも多いですね。

結婚式前に海外に行って、ウエディングフォトを撮る人たちもいます。

 

レンタルドレスの場合、そういった貸出はプラス料金になっていくのです。

ドレスに払う30万円は、あくまでも当日貸出の値段。

 

前撮りで借りる場合は、プラス10万。

当日2次会に着ていく場合は、延長料金5万円。

と、どんどん上乗せされていくのです。

 

それに比べて、購入したドレスであれば、そういったお金は一切かかりません。

同じ30万円のものを買ったとしても、結局は15万円ほど、特になります。

 

レンタルドレスの場合、海外での撮影で汚してしまう場合もありますよね。

その時に負担する料金も高くなってしまいますが、自分のものであれば、クリーニング代くらいで済むというメリットもあります。

 

もし、前撮りを考えている人であれば、ドレスは購入するほうがお得かもしれません。

 

でも、買ったドレスはどうしたらいいの・・・と思う人も多いですね。

思い出の品でも、家に取っておくのはなかなか邪魔にもなります。

 

最近多いのが、使用したあとのウェディングドレスを、通販サイトで売る方法です。

2次会用のドレスを安く買いたいと思っている人も多いですから、意外と書いてが見つかります。

 

私自身も、ドレスを売った経験があります。

2次会ように3万円ほどのドレスを、通販で安く買いましたが、終わったあとに1万5千円で買い手を見つけることができました。

 

少しでも高く買ってもらうことができれば、どの分レンタルドレスよりもお得になりますね!

 

ほかの誰かの幸せな1日に、着てもらえることも、嬉しいものです。

〇まとめ-結婚式のドレスについて

購入のドレスでも、メリットはたくさんあります。

何より、自分のものという愛着を持てるのが、いいことだと思いますよ!

ドレス代60万円を、少しでも削れることは、カップルにとってはとてもありがたいことです。

 

結婚式の費用に悩んでいる方は、ドレスの購入も考えてみてください!