〇はじめに-結婚式での費用

結婚式にかかる費用を知っていますか??

お祝い金や、御祝儀などをもらえば、賄えると思いがちですが、

結婚式を黒字にするのはとても難しいことです。

 

御祝儀の平均は1人3万円ほど。

これは、ゲストへの食事代・手土産代・プチギフト代などを賄える程度の金額です。

新郎新婦の衣装などにかかるお金と、式の演出にかかるお金は、自分たちで負担するのが基本と考えて良いでしょう。

 

特別凝った演出がなくても、300万を越えることがほとんどです。

そのうち100万を御祝儀から、100万を両家の両親から出してもらえるとしても、大体自分たちの負担は100万円ちょっとといったところでしょうか。

 

これは、援助がある場合のはなしですから、なければない分だけ、負担額は増えていきます。

 

結婚式というのは、幸せな1日なのに、莫大なお金が掛かるものです・・・。

 

結婚に向けて2人で貯金をしていたという場合は余裕があるかもしれませんが、若くし結婚をすれば、経済的にもゆとりがないのが当然ですよね。

後からある程度は回収できるとは言え、結婚式前に300万円以上の金額を一気に立て替えて振り込むのは困難です。

 

では、どうしたらよいのでしょうか・・・。

実は結婚式にもローンがあります。

 

上手に使えば、そこまで損をしないので、今回は、ブライダルローンについて紹介をしたいと思います。

〇後払いができるブライダルローン

結婚式場にもよるかとおもいますが、だいたいの式場は、前払いが基本です。

式の1週間まえくらいには、全額を振り込むように言われます。

 

もちろんこの時点では、御祝儀も手元にありませんから、全額を負担する形になります。

 

300万円のうち、200万までは、親の支援や自分たちの貯金でなんとかできたとしても、残りの100万円は、準備が難しいということもあるかもしれません。

 

そんな時に役立つのが、ブライダルローンで、ほとんどの場合、式場が紹介してくれます。

これは、結婚式に足りない分の金額を、ローン会社が立て替えてくれて、式場の口座に直接お金を振り込んでくれるというものです。

 

特徴としては、返済が一括になるところでしょうか。

御祝儀をもらったら、御祝儀分を返済に充ててくださいというのが基本です。

 

そのため、ローンの返済は、挙式から1週間以内などの決まりがあります。

返済期間が短いことから、利子も少ない金額で借りられるのがありがたいところです。

 

私自身も、御祝儀でもらえるであろう100万円ほどを、このブライダルローンで借りたことがありますが、利子が3万円ほど付いただけでした。

 

負担額が3万円ほどで済むのであれば、銀行などから借りるよりも安いですし、何より、借りてもすぐ返すものなので、後々の生活に響いてくるものでもありません。

無理に全額を自分たちの口座から出して、結婚式までの間、厳しい生活になるよりも、ある程度のお金を残しておいて、ハネムーンの予約金などに使ってもいいかもしれませんね!

 

注意しておきたいのが、御祝儀分の値段を借りることに留めておきたいということです。

返済期間が短いですから、あくまでも、御祝儀の前借りとして考えておきましょう!

〇月々返済のローンを組む

ほとんど貯金がなくて、結婚式を挙げる場合、結婚式までに100万以上も貯めるのは厳しいはなしですから、ローンを組むことをオススメします。

今は、色々な場所で借りられますが、1番安心なのは、勤め先の保険会社から借りることです。こちらも低金利で借りることができ、返済は月々払いになることが、ほとんどです。

 

実は、私も、この月々払いを利用して結婚式を挙げました。

私の場合は、結婚式にかかったお金が300万ほどです。

 

そのうちの100万をブライダルローンから。

残りの200万を、会社のローンで借りています。

 

御祝儀やもろもろのお金で、200万までは、返済をすることが可能だったので、

残りの100万は私と主人で50万ずつ払うことにしました。

私は貯金から50万をだし、ハネムーン代なども踏まえて、主人分の50万円を月々2万円ずつ返済していくことにしました。

 

結婚式が終わったのに、ローンを払い続けるのも、少し気が引けましたが、

ローンを組んだおかげで、その年にハネムーンにも行くことができ、結果的に満足しています。

 

夫婦になると、いつ子供ができても良い状態になりますよね。

ハネムーンは来年にしよう・・・と思っていると、おめでたでいけない場合もあります。

その年のうちに全てを済ませられるように、上手にお金を借りるのは大切です!

〇まとめ-結婚式のお金

月々払いのローンを組むのには、できるだけ、金額を減らすのが重要です!

できれば2年ほどで払い終わる金額に抑えるのがいいでしょう!

金額が膨れ上がるほど、利子を払って損をすることも多くなってきます。

最低限、どのくらい借りれば、一気に返済できるのかを、結婚式前に考えてみてください。

 

貯金がなくても、結婚式は挙げられます!

上手なお金のやりくりを見つけてみてくださいね!